南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 はりねずみの応急処置

Hedgehog First Aid, by Dr. Elsa Flint (Shore Vets, Devonport)

Summer's not far off, the time of year when we're most likely to see hedgehogs in our gardens during daylight. Daytime sightings are usually of hedgehogs that are sick or injured. If you should spot one in your garden, here's what to do.

Hedgehogs do not normally wander about in braod daylight unless they are unwell. The most common health problems in hedgehogs are mite infestation, injuries from dog attacks or being hit(by a car) on the road.

Often, discharge from wounds and skin disorders attracts blowflies and the hedgehog may become infested with maggots. Sometimes, baby hedgehogs are found weak and dehydrated, having become separated from the family group.

If you find a sick , weak or injured hedgehog, take it to your local vet. Most vets are happy to treat them and you may well be able to take the animal home after treatment to care for it until it's strong enough to be released.

Handle hedgehogs with rubber gloves and a towel to avoid injuring yourself on the spines.

Place the hedgehog in a box on newspaper and towels, keep it warm and dry and provide a shallow dish of water and some canned cat food. They will eat dry cat food, too, but when they're unwell the wet food is more easily managed. Sometimes, rubbing food around the mouth is necessary to stimulate the hedgehog to eat. Gently placing water or a slurry of cat food in the mouth of the hedgehog using a dropper can be helpful.

DO NOT feed them bread and milk. They cannot digest milk properly and can become very sick if they drink it.

DO NOT use fly spray or flea powers on hedgehogs. They're very sensitive to the ingredients in some insecticides and may die if these are applied.

(07 September, West Aucklander www.theaucklander.co.nz)

はりねずみの応急処置、エルサ・フリント獣医(ショア動物病院、デボンポート)

夏が近づいてきました。日中の庭ではりねずみを見かける事が多くなる季節です。日中見かけるはりねずみは、大抵の場合、病気かけがをしています。もし、自分の庭で見つけたら、こうして下さい。

具合が悪くなければ、はりねずみは普通、日中に出てはきません。不健康の主な原因は、ダニの蔓延か、犬、車などによるけがです。

けがの膿みや皮膚の湿疹にアオバエがたかり、うじがわく場合もあります。家族からはぐれてしまった子供のハリネズミが、脱水症状で弱り切った状態で発見される事もあります。

病気、けが、あるいは弱ったはりねずみを見つけた場合は、近くの獣医に連れて行って下さい。大概の獣医は快く診察してくれます。診察後は、しっかり回復するまで、うちで面倒を見てあげて下さい。

はりねずみを扱う時は、はりでけがをしないように、ゴム手袋をつけて下さい。

乾いた暖かいタオルか新聞を引いた箱にはりねずみを入れて下さい。水と缶のキャットフードを浅い皿で与えて下さい。キャットビスケットも食べますが、具合の悪い時には水分のある食べ物の方が食べやすいものです。はりねずみの口元に食べ物をすりつけて刺激してやらなければいけないかもしれません。スポイトを使って、そっと、水や水増ししたキャットフードを、口元にたらしてやるのもいいかもしれません。

パンや牛乳は、けっして与えないで下さい。牛乳を消化できず、ひどく具合が悪くなる事があります。

殺虫剤のスプレーやのみとり粉は、けっして使わないで下さい。はりねずみは殺虫剤の成分のいくつかにとても敏感で、直に接触した際、死にいたる事もあります。
(ウエスト・オークランダー、九月七日付け、訳 南の猫)

ちょっと田舎に出ると、道路にひかれているのをよく見かけます。うちの付近でも、時々出没します。かたつむりを食べてくれる益獣です。