南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 誘拐騒動

  • ジャンさんの場合

電話が鳴った。
「あら、お義母様、こんにちは。」
しばらく雑談をしていた所、ドアが急に閉まる音が聞こえた。一階の裏口の方から聞こえたように思った。そういえば、二歳半になる娘のジューンの姿をしばらく見ていない。
「ちょっと、お待ち下さい、お義母様。」
飼い犬、ジョージの吠え声。そして、車の走り去る音。急いで、下のガレージの脇の裏口を確かめる。ドアはしっかりしまっていた。しかし、娘の姿が見えない。一階の部屋にも、二階にも。パニックがわき上がりそうになるのをこらえながら、電話に戻る。
「ごめんなさい、お義母様。後で、もう一度、お電話させて下さい。ジューンの姿が見えないんです。」

  • ジョンさんの場合

電話が鳴った。
「スミス課長、お義母様からです。」
こんな昼間に、お袋から?といぶかしく思いながら、ジョンは電話をとった。
「やあ、お袋。どうしたんだい?」
「ジャンと話した?」
「いや、あいつが何か?」
「さっきまで、話してたんだけど、急にジューンちゃんの姿が見えないって心配そうに電話を切ったの。電話してあげたほうが、いいんじゃないかと思って。」
まさか、と、思う気持ちが大きかったが、一応自宅の番号をダイヤルする。
「はい?」聞き慣れた妻の声。少し、緊張しているか?
「今、お袋から電話があったんだ。ジューンは見つかったか?」
「それが、見つからないの。」半分、泣き声になった。「部屋という部屋は探したし、庭にも出て呼んでみたのだけど。どうしましょう?」
「勝手に外に出てったのかな?」
「お義母様とお話している時に、急にドアの閉まる音が聞こえたの。それから、ジョージが吠えて、車の走る音が、、、」
ジョンの頭の中で、愛娘が見知らぬ男に車にひきずりこまれるシーンが浮かび上がった。顔から血の気がうせるのが感じられた。
「警察に電話しろ。おれもすぐ行く。」
家に向かって走らせる車の中で、携帯電話が鳴った。
「はい、スミスです。」
「ジョンさんですか。」
「はい。」
「警察です。今、奥様に事情を伺いました。一応、確認をとらせていただきたいのですが、お嬢さんとご一緒ではありませんね。」
「いません。やはり、家にいないんですか?誰かに連れ去られたんですか?」思わず、声が大きくなった。
「まだ、何ともいえません。何か、わかり次第、ご連絡さし上げます。」
後、この角を曲がれば、自宅のある通りだと言う所で、又、携帯電話が鳴った。
「もしもし?」
「ジョンさんですね。ご安心下さい。お嬢さんは見つかりました。」
見つかった場所を聞いたジョンは思わず額を手のひらでたたいた。何故、思いつかなかったのだろう。娘が今朝、耳元でささやいた言葉を。
「パパ、私ね、今日、いっぱい飴を食べるの。」

  • ジューンちゃんの場合

電話が鳴った。ママが答える。
「あら、お義母様、こんにちは。」
しめしめ、ママはこっちをみていない。足音を忍ばせて、階下へ降りる。ガレージにはママの車がピカピカに光っている。そーっと、そーっと。注意深くドアを開けると、中に潜り込んだ。カチカチカチ。コンクリートに爪の音を響かせて、ジョージが鼻をくんくん言わせながら寄って来た。だめだめ、ママに見つかっちゃう。急いで、ドアを閉める。
「バタン!」「ワンワンワン!」
わっ、ジョージ、静かに。ママ、来るかな?静かにしていれば、大丈夫。この車の窓ガラスは魔法のガラス。中からは見えるけど、外からはまっくろくろ。ほら、ママが気が付かずに通り過ぎて行く。ママはいつもダッシュボードの下に飴の袋を入れてるの。ほら、おいしそう。もぐもぐ。叱られるかな?でも、おいしい。もう、一個。もぐもぐ。しばらくは見つからないよ。もぐもぐ。

知人宅で本当にあった話です(名前は仮名です、一応)。

  • When Mrs. Jan Smith heard the phone rang

The phone rang.
"Hello, Mother. How are you, today?"
Jan was still on the phone, when she heard the door shut. It sounded like the one downstairs. To come to think of it, she hadn't seen nor heard June, her daughter, age two and a half, for some time.
"Could you hold for a minute, Mother?"
Then, their dog, George, barked and a car drove away. Jan hurried downstairs and checked the back door. It was closed tight. But she still couldn't see her daughter. Not downstairs, not upstairs. She tried her best to suppress her panic and went back to the phone.
"I'm sorry, Mother, but could I call you back? I can't find June."

  • When Mr. John Smith heard the phone rang

The phone rang.
"Mr. Smith, it's your mother."
It was a little unusual for her to call John in the middle of the day. John took the call, feeling a little concerned.
"Hi, Mum. What's up?"
"Did Jan call you?"
"No, anything wrong with her?"
"I was talking with her just a minute ago. She needed to hang up, because she couldn't see June. She sounded quite worried. I thought you might like to check with her."
John didn't think it was serious but called home just in case.
"Hello?" Jan sounded OK, or did it sound a little tense?
"Hi, Mum just called. Did you find June?"
"No, I couldn't." Now, her voice broke down. "I searched all the rooms and I called and called in the garden. What shall I do?"
"Do you think she's gone outside by herself?"
"While I was on the phone, I heard a door shut all of a sudden, then George barked and a car drove away..."
An image popped into John's head. A stranger dragged her dear daughter into his car. He could feel himself turning pale.
"Call the police. I'm coming right now."
In his car on the way home, his mobile phone rang.
"Hello, Smith here."
"Am I speaking to John?"
"Yes."
"I'm from the police. I was talking with your wife. Just wanted to check if you are with your daughter."
"No, she's not with me. So, she's not there? Did somebody take her?" He couldn't help raising his voice over the phone.
"We don't know yet. We'll call you as soon as we find something."
He was just turning into the his street, when his mobile phone rang again.
"John, you can relax now. We found your daughter."
When John heard where she was, he slapped his forehead hard. Why didn't I think of what she whispered to me this morning?
"Daddy, I'm going to have some lollypops today."

  • When June heard the phone rang

The phone rang. Mummy answered.
"Hello, Mother. How are you, today?"
Now, now. She's not looking this way. I'm going downstairs, very carefully, very quietly. Here's Mummy's car, all shiny, in the garage. Quiet, quiet. I'm opening the door very slowly, then going inside. Click, click, click. George's coming, sniffing, his toes making loud noise on the concrete floor. No, no, no. Mummy's going to hear that. I shut the door quickly.
"Bang!" "Bow, wow!"
Hey, George, quiet! Is Mummy coming? It'll be OK, if I keep quiet. Mummy car's got magic windows. You can see outside, but, from outside, they all look black. See? Mummy's just gone past the car, without seeing me. Mummy keeps some lollypops in this glovebox. See, how sweet. Yum, yum. I wonder if I'll get into trouble. But, they're so yummy. One more. She won't find me yet. Yum, yum.


A true story, with false names.