南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 あうち!

いてて


息子編:
寒いのがとても苦手で、一年中長ズボンで過ごしていた息子。今年、ようやく半ズボンをはきだしました。慎重派の彼も三年目のスクーターでかなりスピードが出るようになりました。昨日は、家族総出のビデオ屋さん遠征。帰路、最後の下り坂をさっさと転がり降りて、視界から消えた息子。主人と私は、ゆったりと娘の乳母車を押しながらの徒歩。最後の緩やかなカーブを曲がると、膝をかかえてうずくまっている息子の姿。


 私:「Is that him? Did he fall? ;-o-;」
主人:「Oh, oh!」(駆け出す)
両膝、両肘、見事に擦りむきました。片膝が特にひどく、表皮は完全に突破されてます。一応、消毒と傷薬の後、ガーゼの上からテープでとめました。でも、ガーゼが傷にはりついて、はがすのが一苦労。思い出したのが、「新しい創傷治療」のページ。おや、ガーゼはそのままではよくありません。そうか、乾かしてはいけません。塗り薬をたっぷりとガーゼに付ければ、きっと張り付きませんね。生まれて七年目にして、初めての真剣な擦りむきです。やっぱり、慎重派だな、と、変な所で感心してます。

娘編:
こちらは起きている時は、飛び跳ねている時間の方がじっとしている時間よりずっと多い、活動派。かすり傷は絶えません。雨の中で遊んだ時に、膝すりむき。次の日に、もう一度、両膝と片肘。昨日も、ビデオ屋さんへ行く途中で、かさぶたになった膝に、又、新たなすりむき。でも、子供の再生力って加速度がついているんじゃないかと思うくらい高速です。

半袖、半ズボン、生傷の季節。バンドエイドは多めにストック。