南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 幹細胞の倫理問題を解くのは、ねずみの……

A team in Germany has successfully grown mouse ESC-like cells from spermatagonial stem cells which normally turn into sperm. The ESC-like cells can be grown into all tissues of the mouse body, suggesting that if the same could be done in men, it would provide patients with a source of tissue-matched cells for repairing any damaged organs or tissue.

あるドイツのチームが、鼠の精原細胞の幹細胞(普通は精子となる)から胚性幹細胞(ESC)に酷似した細胞の増殖に成功した。このESC擬似細胞ES細胞様細胞は鼠のどんな体組織にも適合して増殖する。もし、ヒトの細胞でも同等の結果が出れば、どんな内臓や組織が損傷されようとも、それに適合する細胞の供給源が確保されたことになる。

"Mice testicles yield 'ethical' stem cells" (New Scientist 24 Mar 2006)

我こそはと提供にはやるのはちょっとお待ちを。細胞摂取は全身麻酔の大手術となるそうです。でも、これが軌道にのれば、研究所は受精卵濫用の疑いの眼からはのがれられるようになるわけです。