南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 息子の水泳レッスン 第一週目

"Mum, I got my whole head underwater!"
と、いうことで、ついに息子は水恐怖を克服しました。

息子の小学校はプールがないので、隣の小学校のプールを借ります。学費には含まれていないので、事前に教習代を徴収します。息子は行きたくなくて、前日の夜までぶちぶちぐちぐち。

でも、この水恐怖症はすべて、二回程頭まで水没させてしまった私たち親の責任です。事故の時は、しかめっつらをしただけで、泣きもわめきもしなかった息子でしたが、やはりかなり怖かったようです。何とか水泳教室に通わせてはみたものの、頑に顔を水につけるのを拒む息子。教師の一人に溺れたことがあるかと聞かれました*1。はい、わかります?と答えると、水に入った身体がものすごく強張っている、との事。溺れかけた事のある人の特徴だそうです。こういう事は無理強いしてもいたしかたがないので、水泳教室は中止。学校主催の水泳教室を待ちました。学校の友達と何とか行ってはみたものの、なかなか進展のなかった過去二年。今年はもう始まる前から逃げ腰。

"Mum, I don't want to go swimming."
「でも、シャワーで顔が濡れても平気になったでしょ?」*2
"Yeah……(それが何?)"
「前、シャワーは怖かったけど、できてみたら、簡単だったでしょ?」
"Oh! Year!(思い出した!)"
「プールもおんなじだと、思うけどな。」
"OK! I'll try!(できるかも!)"
という心中だったかはいざ知らず、翌朝は水着を持って足取り軽く登校しました。

移動はクラス単位です。今までは貸し切りバスでしたが、三年生からは徒歩です。20分ほどかかるということで、今週の月曜日は天気が悪くて、キャンセル。火、木、金曜日と三回レッスンがありました。初日、明るい顔で帰ってきた息子は開口一番、上のコメント。二回目、三回目とるんるん気分でこなし、プールの底まで潜って遊べるようになったとのこと。

来週、あと四回。その後、水泳教室にも行って続けたいと、やる気満々の息子。偉いぞ!おめでとう。

*1:一応、教室申し込みの時に、言ってあるのですが、こういう連絡事項がちゃんと伝わる事があまりないのもニュージーランド

*2:以前は髪の毛を洗うのも顔にかからないように、要注意。