南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 ジャックとダクスターシリーズ Jak 3 (Mission 51)

Jak 3、ジャックXダクスター 旧世界の遺産ジャックXダクスター2の三部作の完結編。日本未発売ゲーム、ネタバレ全開のご報告となります。


51st Mission サイバーエロールを倒せ
上の円形の間で出迎えたのが、元クリムゾンガードの親玉、エロール。ですが、二ヴァージョンでレースに負けてやけくそ自爆した後ですので、かなり不気味になってます。その名もサイバーエロール。半分以上ロボットと言う事で、顔も半分機械、半分生顔で髪の毛まで半分だけ生えてます。足がカンガルーのような関節の曲がり具合で不思議。機械の脳みそなので、宇宙を渡って来るダークメーカーと意思が通じるそうです。すっかり意気投合して、この惑星壊滅同盟発足。「そんな事はさせないぞ!」と我らがヒーロー。一騎打ちかと思いきや、エロール親分は高見の見物。ではないか。上から爆弾を落としてきます。それを避けきると、ロボット軍団攻撃開始。円形の間を囲む壁にある円形入り口からわらわら。またもや、撃てや走れや。一段落つくと、一回り大きい爆弾の登場。これを何度か撃ったり蹴っ飛ばしたりすると、壊れて(?)上昇します。うまく親分のいる場所(彼のいる所を色で覚えていないと、おっととということに)でできると、親分負傷。この爆弾返しを三回繰り返して、決戦その二、クリア。爆弾で壊れかけたエロール親分は落とし物をして、ワーブゲートから逃亡。爆弾で、床が抜け出していた空飛ぶ工場も崩れ出します。

  • 第三十三アイテム ライトエコクリスタル 四個目

をさっと拾い上げて、ジャックもワープゲートをくぐり抜けて、任務終了。本部に帰るとご褒美が、

  • 第三十四アイテム ピースメーカーの第一アップグレード 質量逆転装置 (Mass Inverter)

ははは、重い人ほど軽くなる?

二周目(ヒーローモード)はここでも大楽勝。爆弾を平気な顔をして受けまくった後は、もう、ピースメーカー撃ち放題。爆弾返しも慣れたもの(?)。

そして、もう少し、本部地域をホバーで散策。

  • 本部地域 オーブ三個追加(二周目残高百四十二個、総計三百四十四個)
    • 一番北側の壁のパイプの先に一個
    • 三箇所に区切られた西側の壁のうち、まんなかの壁、西北の角から始まるパイプの先(東に伸びて、北に曲がる)に二個

ダスティーエリアをホバーで散策すると

  • ダスティーエリア オーブ二個追加(二周目残高百四十四個、総計三百四十六個)
    • 本部地域に一番近い道のまん中にある建物の屋根の上の箱の中に一個。ホバーからジャンプで飛び乗ります。 
    • まん中広場に三個固まってある建物のうち、西北の建物の屋根の上に一個。これも、ホバーからジャンプで飛び乗ります。

次は砂漠に帰ります。