南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 ニュージーランド特有種、斑の海鵜の衣替え

鵜


昨日の写真で名前を出した(まだ確定ではない)、
マオリ名:Parekareka
英名: the spotted shag
学名:Stictocarbo punctatus
は、繁殖期になると、見事な衣装替えをするそうです。

They grow two forward curving crests of long soft dark feathers, one on the front of the head, the other on the nape. The front of the neck becomes black, and this is separated from the dark back of the neck by a broad white stripe which runs from the bill, above the eye, right down to the shoulders, the whole of the upper part of the neck being thickly studded with long white filoplumes. The breast and abdomen are pale blue grey, with a curious sheen, suggestive of having been touch with aluminium paint. They don their lustrous dark blue trousers, covering their flanks, lower abdomen and rump, and these too are flecked with filoplumes. The bare skin of the face becomes brilliantly coloured: a ring of greenish blue encircles the eye, and merges into the rich royal blue of the face and throat. The feathers of the nape, scapulars and upper wing coverts are brownish grey, each having a conspicuous black spot on its tip. In these regions too there are a few white filoplumes, and extra long one issuing from the elbow joint. Both cocks and hens acquire this gay dress, and in equal degree.

前にカーブする柔らかな濃い羽のとさかを、二カ所、頭の前方とうなじに生やす。首の前の部分は黒くなり、くちばしから眼の上を通り肩まで届く、幅の広い白い縞が両脇を通って、首の後ろの黒の部分を分ける。首の上部は大部分が、長い白い毛状羽で厚く覆われる。腹と胸は、アルミメッキを思わせる不思議な艶がある淡い青灰色になる。横腹と下腹、尻にかけては、光沢のある濃紺のずぼんを履く。このずぼんも毛状羽がところどころ生える。顔の皮膚の部分は鮮やかな色が出る。緑がかった青が眼の回りを取り囲み、顔と喉の濃青色にとけ込む。うなじと肩、翼の上部は茶色がかった灰色になり、羽先に目立つ黒い斑点が出る。これらの部分にも、白い毛状羽が生え、肘の関節からは特別に長い一本が飛び出る。雄も雌も同じように、この灰色の衣装を身につける。

(訳 南の猫)

この描写だけ読んでいると、なんともはや、麗しげに聞こえます。が、卵を産み終えて、雛が孵るころには、もとの色*1にもどるそうです。盛装するのは七月、八月頃だそうで、今年はのがしてしまいました。

*1:が、たぶん、この写真。