南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 iPhotoの模様替え

 おそろしいことに主人が自営業をはじめていまして、ばたばたとしております。事務所のセットアップに従って、新たなはーどうぇあ、そふとうぇあ、うぇっとうぇあ(は、ないか)が怒濤のように流れ込んできて、自宅の方まで影響があります。SF好きな癖に新しい機械にはとても疎いわたしとしては、慣れるのにあっぷあっぷしております。で、今回のお題のiPhoto

 新発売となったiLife '08に含まれていた最新のiPhotoに変身したのはよいのですが、今まで愛用していたキーワードが使えなくなって、ショックでした。これまでは、アップした写真にいくつでもキーワードを付けることができたので、私はタグののりでばしばしと複数のキーワードを振り当てていました。特に、家族の写真は、写っている家族の名前をすべてキーワードとしてかきこんでおきます。後で、義母と娘が写っている写真はどこかしら、と、言う時に、キーワードの選別のところで二人の名前をクリックすると、写真がずらっと並んで出て来る、と、いう仕掛け。が、今回の新バージョンiPhotoはどう調べてもキーワードは一つしか選択できません。Familyで家族写真はでるけれど、その後のneko-no-musume、neko-no-hahaと続けることができなくなっているのです。セミプロ写真家の主人は当然iPhotoなぞいじったこともありません。PhotoShop一辺倒です。う〜む、困った、ので、ファイルの再構成と過去四年強の写真の大整理となりました。

 新iPhotoの一番便利なところはeventファイル。アップした一本のフィルムに名前をつけることはもちろん、それを分割したり、他のフィルムと融合したりできます。たとえば、今年はじめの猫一家のホークスベイ旅行写真は主人と私のが入り乱れて、何本にもわかれていました。これをすっきりと一本にまとめて、タイトルをつけることができます。たいしたイベントではないけれど、ちょこちょこと撮っていた子供の写真は月ごとにまとめます。月はもうすべて一つのファイル。虫は虫専用、猫も猫専用、と、ここはこれですっきり。

Picture 3

 では家族写真はどうしましょ、と、いうことで、各個人のアルバムを作りました。娘が写っている写真はすべて娘アルバムへ。娘と義母が写っている写真は、娘アルバムと義母アルバムと、それぞれのアルバムに入れておきます。キーワードの時のように、三人、四人と絞りこめはしませんが、たぶんこれで用は足せると思います。
Picture 2

 でも、やっぱりキーワードがほとんど使えなくなったのはショック。と、いうより、私の使い方がまちがっていたのだろうか……新機能についていくのは大変です。PhotoShopにさっさと鞍替えしろって?だから、それも敷居が高くて……

 写真の編集機能は大幅にアップしたことを付け加えておきます。トリミングは、サイズのとりかたも方向変化も非常にやりやすくなりました。色調も、影調整と日向調整、ノイズリダクションが初おめみえ。何故か前バージョンで消えてしまったリタッチ復活。ウェブサイトやメールへの直結はもちろん、カレンダーやアルバム仕様もここで編集してアップル店に持っていけば即印刷(らしい)。どんどん便利になっていますです。はい。