南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 都会の銀河、田舎の銀河

Galaxies across the universe reside in cosmic communities, big and small. Large, densely populated galactic communities are called galaxy clusters. Like big cities on Earth, galaxy clusters are scattered throughout the universe, connected by a web of dusty "highways" called filaments. While thousands of galaxies live within the limits of a cluster, smaller galactic communities are sprinkled along filaments, creating celestial suburbs. Over time, astronomers suspect that all galactic suburbanites will make their way to a cluster by way of filaments.

宇宙に点在する銀河は、大も小も宇宙共同体内に居をかまえている。大きな密集した銀河社会は銀河団と呼ばれる。地球上の大都市のように、銀河団も宇宙中に点在し、フィラメントと呼ばれる宇宙塵のハイウェイ網によってつながっている。何千もの銀河が銀河団内に居住する一方、フィラメントに沿って小さな銀河社会が点在し、天体の郊外地域となっている。時が経るに従って、この銀河郊外居住者たちもフィラメントをたどって銀河団へと移動するのではないかと、天文学者たちは推測している。

おらも上京して一旗あげるだ〜、と、風呂敷包みかついで街道をゆくのは、銀河団の仲間入りをしたい若銀河たち。なんだか、楽しいイメージです。