南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 まだまだ上がるらしい物価

"What's going up? Everything"

Weekend Hearld

5:00AM Saturday April 26, 2008

By Patrick Gowe

An average trolley of food cost 28.5 per cent more this week than a year ago, mainly because of huge price increases in dairy products.
トロリー一杯分の食料品が、一年前と比べると28.5%も値上がりしている。乳製品価格の急上昇が主犯だ。

今後の見通しは:

  • 乳製品
    • さらに値上がりの予定。国際市場の需要増大(中国・インドの中流家庭が乳製品を買えるようになったおかげで需要増大に拍車がかかっている模様)と生産費高騰は変化の見込みなし。もし、供給が需要を追い越せば、値下げの可能性もあり。
  • 牛肉と羊肉
    • いまのところ、価格は安定。だが、今年は上がる見込み。海外の畜産業者は飼料を穀物に頼っている。ニュージーランドの輸出業者は海外市場の値段に追従する。
  • 鶏肉
    • さらに値上がる予定。店によってはすでに一年で25%も上がっている。が、業界の弁によると、穀物価格高騰の影響が大きく、生産費に吸収しきれていない。卵も同じ状況。
  • 豚肉
    • 10-15%の値上げを覚悟してほしいとの業界の弁。鶏肉と同じ状況ではあるが、価格を押さえなければならなかった。生産費高騰で転向したい海外の養豚家が次々と豚を売り払って、国際市場では供給過多の状態になっているため。近日、価格調整が行われるだろう。
    • 上昇傾向、変化なし。漁業は燃料費に大きく左右される。国際市場の需要の増大により、国内市場への割当が減少する見込み。他の食料品価格高騰により、直接影響は受けていない魚の価格も上がるだろう。
  • 野菜・果物
    • 燃料費、労働費、飼料費などの影響を受けて、これからの六ヶ月間で価格上昇の見込み。

和訳、概略 by 南の猫

一般人は庭に牛を買ってもいいのだろうか、と、ふと思う……