南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

なぜ人が現地におもむくか

ポッドキャスト "Futures in Biotech 26: The Last Man to Walk on the Moon"より抜粋

宇宙探査に人を送るか、否か、と、いう論点です。なぜ、これがbiotechなのかは謎ですが、守備範囲がものすごく広いポッドキャストです、ここ。

Question:
Having a human do the experiments, rather than having a robot doing some data analyses, is it better to have it? What can a human brain do that can't be done with robotics, remote controls or advanced systems?

(口頭インタビューですので、少々文体がくずれていまして、かなりの意訳となります)

  • 質問
    • ロボットにデータ分析をさせるより、人が実験をしたほうがよいのですか?ロボットや遠隔操作機、高度に発達したなんらかのシステムなどにもできない、人の脳の特性とは?

Answer:
No. 1, they (human beings) bring a qualitative super computer that has yet to be duplicated in any significant way, namely the brain. And then, brain can be instantaneously reprogram, based on experiences and training, to take advantage of, or, to react new situations. With that brain, are tied magnificent optical system named a human eye, or eyes, that provide dynamic range and access of that is generally found impossible with the hardware systems and electronic systems. And also tied to that brain are human hands, which are remarkably dexterous manipulation system. So you put those three things together, properly assisted by pressure suits and other systems and you have something that is well beyond robotics can do when faced with new conditions with new environment which you want to explore. I don't see human's been out of equation for the foreseeable future.

  • 答え
    • 第一に、人は、現存のものとは天と地ほどの差がある高性能スーパーコンピューター、脳というものを備えている。新たな状況に際した時、脳は経験と修練に基づいて瞬時にプログラムを書き換えて、適切な、さらには、有利な反応をすることができる。その脳に直結しているのが、眼というすばらしい光学システムだ。その広範囲で柔軟性に富む可視域は、どんなハードウェアにも電子機械にも及びがつかない。そして、もう一つ、脳に直結している、機敏な処理操作システム、人の手。この三つに、宇宙服と他のちょっとした補佐的な機械を付け加えると、探検したい新環境での新事態に対処する能力は、ロボットとは雲泥の差をつけることができる。予測可能な将来の中で、現地から人がはずされるということはありえないと思うね。


和訳 by 南の猫

 アーサー・クラーク巨匠の「メデューサとの出会い」でも、現地での判断力の大切さを説かれていましたねぇ。次に月の地に足跡を印せるのはどこのどなたでしょう。

Return to the Moon: Exploration, Enterprise, and Energy in the Human Settlement of Space

Return to the Moon: Exploration, Enterprise, and Energy in the Human Settlement of Space

 インタビューされていた月探査最終ミッション宇宙飛行士シュミット博士の本。いつになるかはわかりませんが、読んでみたいと思います。