南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 予防接種の是非

Autism's False Prophets: Bad Science, Risky Medicine, and the Search for a Cure

Autism's False Prophets: Bad Science, Risky Medicine, and the Search for a Cure

And the answers were very clear, and consistent, and reproducible. No, vaccines didn’t cause autism. And I give credit actually to the public health community and to the academic community for spending tens of millions of dollars to very quickly look at that to answer parents’ concerns. The problem is―and I think this was the motivation for writing the book―there just seems to be a deep and
abiding rift between the science that exonerated vaccines in this case, and the public’s belief in that science.

I mean not only just knowledge of the science, because I think many parents actually do have sort of knowledge of those studies. They just choose to hold on to this belief that vaccines were the cause, much as one holds on to sort of deeply-held religious conviction. They refused to believe the science. And I just found that frightening, actually. And I think a lot of harm has come from that notion― harm because people don’t vaccinate their children, and now we’re seeing a measles epidemic in 2008 that was the largest we’ve ever seen.

何度も同じ結果の、非常に明確な答えがでた。いや、ワクチンは自閉症の原因ではない。そして、親たちの懸念に答えて、敏速に何千万ドルも費やした医療関係者と研究者たちを賞賛したい。問題は、そしてこれが本を書く動機ともなったのだが、このワクチンの疑いをはらした科学が、大衆の深く根強い不信感から逃れられないことだ。

この科学的事実を知らないわけではない。この研究は多くの親たちに知られていると思う。それでも、ワクチンが原因だという信念を保とうとする。宗教の深い信条にしがみつくように。科学を信じようとしないのだ。まことに恐ろしいことだ。そしてこれが大きな被害を及ぼす。子供のワクチン接種を拒む親たちのおかげで、今までに例のないほどの風疹大流行が2008年に発生した。

インタビュアーの質問

The question I want to explore is why, since the scientific evidence is so overwhelming, do we still face these claims that vaccines cause autism and other problems?

これだけ科学的に証明されているにも関わらず、どうしてワクチンが自閉症や他の問題の起因だと言われるはめになるのかを、一番お聞きしたかったのです。

autism is diagnosed often between one and two years of age―that’s around the same time the children are getting their MMR vaccine―and so, certainly, there’s going to be at the very least a temporal association in many children from getting the vaccine and then having symptoms of autism.

自閉症と診断されるのはたいてい一歳から二歳の時だ。新三種混合ワクチンの接種と同じ時期だ。だから、接種を受けた子供が自閉症の症状を見せはじめたら、関連性を疑われるのも無理はない。

the only way to answer that question is to have two large groups of children, one of which received the MMR vaccine and one of which didn’t, and to make sure that those two groups are similar in all other aspects―meaning their socioeconomic background, their medical background―so that you can isolate the effect of one variable. And that variable in this case is receipt of the MMR vaccine. And then, and only then, can you tell the effect of that vaccine.

唯一答えを見つける方法は、多数の子供のグループを二つ用意し、一方に接種を受けさせ、もう一方には受けさせないことだ。そして、すべての点、社会・経済的経歴と健康状態が、できるだけ同条件でなければ、この一条件の結果をわりだすことはできない。このさいの一条件というのが、新三種混合ワクチンの接種だ。そうしてのち、これだけしてやっと、このワクチンの効果がわかることになる。

And that study has been done actually now 12 times. And most recently there was another study by Eric Fombonne that came out in Lancet. Really at this point you’ve looked at millions of children who either did or didn’t receive that vaccine, and very carefully can look in a very powerful way as to whether the incidence of autism is greater in the vaccinated group. And the answer has been very clear, and consistent, and reproducible. No, that vaccine never caused autism.

そして、この研究は実際に12回も行われた。そして、また最近、「ランセット*1 にエリック・フォンボンの研究が発表された。ここまでして、何百万人もの子供たち、接種を受けた子供たちと受けなかった子供たちを診てきたのだから、ワクチン接種を受けたグループの方が自閉症の確率が大きいかどうかは、火を見るよりも明らかに診てとれる。そして、答えは、明確で、一貫して、何度でも同じ結果だ。いや、ワクチンは決して自閉症の原因とはならない。

it’s hard to make a statistical argument, or an epidemiological argument, to a parent who’s seen something that’s very emotional.

非常に感情的なできごとにあった親に対して、統計的、あるいは疫学的な論議をもちかけるのは、むずかしい。

インタビュアーのコメント

And one of the things we’ve talked about is how we have such a hard-wired pattern recognition system that we will actually see patterns that don’t exist. The tendency to see a connection between events that happen close together in time is very powerful, especially if there’s an emotional component.

今までとりあつかった話題の一つに、わたしたちにはパターン認識回路があまりにもしっかりと組み込まれているので、ありもしないパターンまで見えてしまうというものがありました。同時期に起こったできごとを関連づけるたくなる傾向というのは非常に強力です。特に感情的要素がからんでくると。

if study, after study, after study shows that statistically there’s no association, I think one can say that although there’s not a proof, I think you can say with comfort that a truth has emerged. That’s certainly been true here. I think we can say with comfort that neither the MMR vaccine, nor thimerosal in vaccines, caused autism.

もし、研究に研究を重ねた結果、統計的に関連性が見られない場合は、証拠にはならないが、真実が浮かび上がったと言っても間違いはないと思う。この場合、確かに本当だ。新三種混合ワクチンもチメロサール*2自閉症を起こさないと自信をもって言える。

if you look at what you typically respond to in your environment every day, vaccines are nothing. When you’re in the womb you’re in a sterile environment. But when you enter the birth canal and the world you’re very quickly colonized with trillions of bacteria―literally trillions―that live on the lining of your nose, or your throat, or your intestines. You eat food that’s not sterile; you inhale dust that’s not sterile.

日常、普通の環境のなかで対応しなければならないものに比べたら、ワクチンなどなんでもない。子宮にいるときは無菌状態だ。だが、産道を通って生まれた瞬間から、何兆ものバクテリアに侵入される。文字通り何兆ものだ。鼻やのど、内臓の粘膜に共生する。無菌でない食べ物を食べる。無菌でないほこりを吸う。

Vaccines are really literally a drop in the ocean which I think you typically encounter and manage every day.

毎日、対応、対処しなければならないバクテリアに比べたら、ワクチンなど大海の一滴にすぎない。

The difference is it looks terrible. You lay the kid on the table, and you watch them get five shots. That looks awful. But if you really want to scare yourself, just take a cotton swab, put it on a microscope slide, and look at it under the microscope. It’s teeming with bacteria from a child’s nose, or throat, and to which children are making immune responses. That’s a far greater challenge than what one sees in vaccines. I think that just a single ear infection or a single cold is a far greater immunological challenge to a child than are vaccines. But vaccines just look bad.

違いは、残酷に見えるということだ。子供をテーブルの上に横たえて、注射されるのを見る。みていてつらい。だが、本当にこわいものを見たいのなら、綿棒をとりだしてどこかをすり、顕微鏡のもとで見てみるといい。こどもの鼻や、のどからのバクテリアがうじゃうじゃとしているだろう。そして、子供たちはそれにたいして免疫機能を働かせているのだ。ワクチンに対応するよりも、もっともっと困難なことだ。子供の免疫機能にとって、耳の感染症や風邪の方がワクチン接種よりもずっと大変な課題だ。でも、ワクチンはただ不快に見えるだけだ。

著者から全世界のお医者さんへ。

Hang in there. Especially pediatricians―my wife’s a pediatrician―who have to hear that drumbeat every day of fear from parents, and popular books like Dr. Sears, The Vaccine Book, which basically says to separate, or withhold, or delay vaccines. I mean it’s tough out there, but I do think that the fact of the matter is that science is on our side, that vaccines do work, that vaccines are safe, and that if we choose to use them less, we’ll see―and are seeing―these diseases come back. And to just hang in there, and to try and fight the good fight. Because a good fight it is.

ふんばれ。とくに小児科医の諸君。私の妻も小児科医だ。怯えた親たちの声と、ワクチン接種を拒否、保留、あるいは延期しろとすすめるシアーズ博士の有名な本「ワクチンの本」やその同類の雑音に毎日のように耳をかさなければならない。まったく、大変なことだ。だが、科学の真理は我々の側にある。ワクチンは有効だ。安全だ。そして、ワクチン接種を一部が拒むようなことになったときに起こることは、実際にもう起こっていることだが、疫病がまた蔓延する。だから、ふんばれ。そして、大義のために戦え。これこそが、大義なのだから。

インタビュアーのしめくくり。

Children have already died from diseases that were preventable by vaccines because of parents deciding not to vaccinate their
children because of unfounded fears. I think it is vital that each of us help spread accurate information on this topic. The bottom line is vaccines save lives.

この全く根拠のない恐怖心からワクチンを拒んだ親のおかげで、命をおとした子供たちがいます。ワクチン接種さえしていれば防げた病気で。わたしたちは、全力を尽くしてこの正確な情報を広めなければなりません。ワクチンは命を救います。

"EXTRA: Books and Ideas #25 Paul Offit, MD on Vaccine Safety"

Guest: Dr. Paul Offit, author of "Autism’s False Prophets: Bad Science, Risky Medicine, and the Search for a Cure."

Brain Science Podcast Books & Ideas #25より抜粋

和訳 by 南の猫

と、いうことで、少しでもお手伝いできれば。

悪い医者にかかったり、薬の処方があわなかったりすると、むくむくと疑惑心がもたげてくるのは当然です。医者を盲信するのは、もちろん危険です。でも、患者によくなってほしいと願うのがお医者さんです。お医者さんでない人間が医者づらをして白衣を着てしゃあしゃあとしている場合もありますが、十把一絡げでなにもかも否定するのはまことに愚かなことです。なにもかも肯定して信じ切るのと同じくらいに。う〜む、私がここで戯言を加えても、ぜんぜん説得力がありませんね。

実は私も、噂を聞いてちらりと予防接種はしないほうがよいのかしらと思ったことがあります。アレルギーがでやすくなるとか、あと、なんだったけ???でも、やはり、予防接種しなかった時のほうが、全くおそろしいです。していない子供がいるということも、おそろしいことだと思います。ここでは省いてしまいましたが、昔の予防接種の後の発病はワクチンそのものではなく、その管理体制の方に問題があったということもインタビューの中でとりあげられています。ワクチンが不純であったり、雑菌がまざってしまったために、子供が病気になった例があるのは認められています。現在の技術の進歩はまさに眼をみはるもので、ワクチン製造にあたっても、昔からは想像もできないような純度*3を極めることができるようになりました。管理体制もまさに切磋琢磨、日進月歩で向上しつつあります。変な宣伝にまどわされて子供用ビタミンなぞ買込まないで、予防接種を受けましょう。これは雑菌の注入などではありません。子供の免疫機能にちょっとだけ学習してもらうための、教材を与えているのです。算数も最初はめんどうくさいです。教えてもらわないで、自力で習得しようととしたら、どうなることでしょう。予防接種も算数の教科書のようなものではないかと思います。最初はちょっと頭がいたくなりますが、ここで予行練習をして対応策を身につけておけば、社会にでて実戦にたたされても準備万端。釣り銭の計算できずに身ぐるみはがれるような、情けない羽目に陥ることは避けられます。予防接種の場合は、なくすのは命ですけど。そのうちに睡眠学習などで、頭を悩まさずに算数・数宇を習得できる日がくるかもしれません。遺伝子強化して、微生物が発生する毒物などどんなものでもたちどころに対処できる免疫機能が備わった身体にできる日がくるかもしれません。でも、それまでは、次善の策として、あるもので最良の選択をしませんと。

こういった本を訳してみたい、と、思うこの頃。翻訳修行はまだまだ続きます。

*1:英国の医学誌

*2:有機水銀化合物、殺菌薬

*3:といってよいのかどうか。タンパク質の一つ、一つにまで的がしぼれるようになったとか。