南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 家族の風邪

  • 雨に濡れて咳をしだす(とくに早朝6時頃、咳き込みだす)
  • Aconite、朝、晩、服用、一週間
  • とりあえずおさまる

息子

  • 学校の体育で濡れて二日後、木曜日の夕方、のどの痛み:Aconite
  • 夜、痛みがひどくなったので Apis
  • 金曜日、のどの痛みはおさまったというので Aconite
  • 夜、発熱:Gelsemium
  • 土曜日、なおったといいはるけど、動いては咳:Aconite
  • 日曜日、引き続き Aconite
  • 月曜日(本日)、引き続き Aconite 少々咳

主人

  • 頭痛、鼻水:AGE服用二日間
  • 半日寝て、なんとか仕事に復帰

 主人はAGEを飲むと眠くなるからもう飲みたくないと言いました。それは身体が必要としているからだと説明して、無理矢理持たせて仕事に行かせました。息子も普段は決して昼寝などしないのですが、金曜日は自宅で毛布にくるまって本を読みながら、時々こてんとよく寝ていました。ホメオパシーの特典の一つは、本当によく眠れることだと思います。そして、寝覚めがすっきり。口がからから、頭ががんがんの目覚めなどは決してありません。私は時々のどがかさっとしますが、すかさずAconiteを口にほうりこんで、今のところはことなきをえています。