南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 図書館の本「New Toddler Taming: A parents’ guide to the first four years」(新:幼児の手なずけ方)

第十二章:幼児が食べるべき物(Chapter Twelve: What Should Toddlers Eat?)より抜粋(訳 南の猫)

Junk food is not all junk

ジャンクフードはすべてがジャンクではない

Junk food is a term created by some media writers to describe all those fun eats like chocolate, soft drinks, lollies, thick shakes, sweet biscuits and fast foods. Now I am not the sort of killjoy who believes that strict avoidance of anything pleasurable is the only way to health and holiness. I do however worry that if taken in excess, these foods have far too much fat, salt and sweetener.

チョコレート、清涼飲料、飴類、濃いシェイク、甘いビスケットやファーストフードなどの、楽しい食べ物を形容する専門用語として、マスコミ記者が作り出したのがジャンクフードという名前である。私は、健康と神性への道が、すべての快楽を絶ってのみ得られるものと信じている、潔癖性のたぐいではない。だが、この手の食べ物は脂肪分、塩分、甘味料を十二分以上に含んでいるため、食べ過ぎには気をつけなければならない。

I am a great believer in the therapeutic powers of McDonald's restaurants. It seems to me that these are the best places for any demoralised mother to eat. You just have to walk in the door and immediately you know that there are other children even worse-behaved than your own. For many parents that trip through the golden arches brings the realisation that they are normal, which lifts the morale with probably as much effect as a year of visits to a psychiatrist and all for under ten dollars!

私はマクドナルドレストランの心理療法的効果の大信者である。意気消沈した母親が外食するにはもってこいの場所だと、つねづね思っている。扉を開けるだけで、即座に、自分の子供より行儀の悪い子供がいるものだと実証される。この黄金の門をくぐるだけで、多くの親達が自分たちは正常なのだと実感できる。きっと精神分析医に一年通ったにも相当しそうな、この士気回復効果を、十ドルにも満たない出費で達成できるのだ!

食べ過ぎて訴訟を起こさせない程度に、息抜きに参りましょう。託児所のお姉さんもお勧めしてました。時に、このハンバーガーが貴重なタンパク質源となるとか。でも、こちらのエム印はことの他お味がよくないようで。高すぎる健康メニューのサンドイッチやサラダは食べる気にならないし。ま、他にも何種類か選択肢はありまして、今は、息子がおまけのおもちゃによって選んでます。そのうち、娘も発言権が出ると、ここの調整が難しくなる所。しっかりカレンダーにでも印をつけて、順番を守らせなくては。