読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南の猫の里帰り雑記

29年ぶりの日本はほとんど外国

気持ちのよい春の日再び

local

ツバメの巣があります。引っ越してきた時から見ていて楽しみにしていたのですが‥

There is a swallow's nest. I've been looking forward to seeing the birds coming back since I moved to this place.

 

ある朝にぎやかな鳴き声がしてちょっと覗いてみると、二羽のツバメが巣の周りで羽ばたいていました。さてその後の具合はと、その日、帰ってみると巣の横に黒いレインコートのフードのようなものが天井からぶら下げられています。ツバメ避けのよう。がっかりです。それでも時々鳴き声が聞こえていて、ちょっと期待してみたりもしました。今日の帰宅時、巣がある軒下の向かいの電線に二羽のツバメが並んで止まっているのが見えました。帰ってきたのかと嬉しく思って巣の方を見ますと、巣の入り口が紙のようなもので詰められています。よっぽどとろうかと思いましたが、また妨害されるに決まっています。無力感に苛まれながら、頼むからこんなところは早く諦めて新しいいいところを見つけてくださいと祈ってます。反対側の私の軒下にでもきてくれれば大歓迎なのに。下が汚れるのが面倒なのはわかります。が、一生懸命作った立派な巣を目の前にしながら使えないとは。そんなに嫌ならさっさと撤去してしまえばいいのに。

One morning, I heard some chirping outside and peeped out. There were two swallows flying around the nest. However, when I came back from work, I found a black hood hanging from the ceiling next to the next. To prevent the birds from coming in?? I was rather disappointed. I could't help feeling hopeful, when I heard birds' chirping occasionally. Till today. When I came back from work this late afternoon, there were two swallows sitting on a power line, side by side. I was happy to see them thinking that they'd managed to get into the nest. Then, I turned around and found that the nest's entrance was blocked with some paper. I contemplated to take it off, but decided not to. Somebody will surely make this attempt again. Feeling useless, all I could do was to pray for the swallows to find a nice place somewhere else. Not here. I would welcome you under my eaves on the other side of the building. I know it could be messy underneath, but locking them out like this? I wonder why the residents just don't get rid of it if birds are not welcome.

風柔らかな春爛漫の一日

local

空に鳶、群れて鳶

A kite in the sky, more in the sky. 

f:id:minami-no-neko:20170402081808j:plain f:id:minami-no-neko:20170402081451j:plain

地には猫、もっと猫

A cat on the ground, more on the ground.

f:id:minami-no-neko:20170401082941j:plain f:id:minami-no-neko:20170401090034j:plain

塀の下には??

And under a fence, there is a ...??

f:id:minami-no-neko:20170322045309j:plain

若いナナフシでしょうか?

A stick insect juvenile?

曇り後雨

local

 

 

f:id:minami-no-neko:20170416071401j:plain f:id:minami-no-neko:20170416071325j:plain f:id:minami-no-neko:20170416071512j:plain

Fresh green leaves and cherry blossoms, holding a gorgeous banquet.

Spring in full swing.

葉桜と桜花の華麗な饗宴。春たけなわ。

 

f:id:minami-no-neko:20170416073217j:plain

Water mellows out and reptiles swim out. 

池の水も緩み、爬虫類も動き出し。

 

薄曇りの肌寒い一日

local

f:id:minami-no-neko:20170409144853j:plain

花見酒

空でも酔うたか

朧月

Sweet wine under a blooming cherry tree,

mellowing together high up in the sky,

a hazy moon smiles upon thee

 

しとしと雨の一日

local

f:id:minami-no-neko:20170408083711j:plain

White petals slightly in pink

Millions gently sway under warm fine rain

A drop made a cat wink

濡れ桜

雨の雫に

猫瞬く

晴れ、小雨が降ったらしいけど帰宅時はまた晴れ

local

f:id:minami-no-neko:20170313045737j:plain   f:id:minami-no-neko:20170302044303j:plain

 白梅、紅梅、一輪また一輪と、香りたおやかに咲き始めたのが三月初め。

Ume (Japanese apricot) in white, ume in pink, came out one by one, with a delicate scent in the beginning of March.

f:id:minami-no-neko:20170323050807j:plain

満天の梅空から、陽光とともに柔らかに降る桃色の花びら。

Sky full of blooms, sunlight and pink petals falling gently through.

f:id:minami-no-neko:20170402082633j:plain

お次は世界に名だたる桜の出番です。

Next in line, Sakura (world famous Japanese cherry blossom).

 

今日も薄曇り

movie

ニュージーランド帰りの飛行機は映画四本立て。

 

 無知をさらしますと、インド人がオートバイに乗る話だと思ってました。白人のおじいさんがガレージでオートバイの整備をしているところから、もう違和感満々。インディアンってバイクの会社でした。と、最初から意表をつかれ、恐ろしいデザインのオートバイをがんがんに飛ばすおじいさんに肝を冷やし、能天気なアメリカ行にやきもきし、誠に楽しい映画でした。やはり人生は楽しくいきたいものです。大当たりの一本目。

 

 

 いまいちでした。第一作目はウィル・スミスの魅力で引っ張っていってもらいましたが、映画の中の息子さんはちょっと弱い。誰が主人公だかよくわからなかった第二作。でも、まだ続きがでるぞというエンディングの二本目。

 

 

 で、こちらはどんな映画でも魅力的にしてしまうウィル・スミスの力。なんなんでしょ、この人たち、この状況、と、目が点になりつつも、怪物的なデッドショットの父性愛にほろりとし、ハーレイ・クインの一途さに胸痛め、最後にこぎつけました。意外におもしろかった三本目。これも次回作ご期待というエンディング。

 

 

 優しいお話ではありますが、どこか既視感の漂う映画。初めのくだりはとてもインパクトのあるきれいなイントロでしたが、尻すぼみになってしまった感じの四本目。これは四本目で映画疲れしていたわけではありません。