南の猫の里帰り雑記

29年ぶりの日本はほとんど外国

真夜中の雷雨の後は涼しい曇りのち晴れ

こんなシーンをヒーロー映画で見たような。

www.youtube.com

本物かと疑ってしまいましたが、本当にあるようです。バランスとるのが難しそう。そのうちこういうので通勤、通学できる日が来るのでしょうか。ヘルメットと鎧着用が義務付けとか。

I wasn't sure if this was real or fake, but it does exist. Looks hard to keep your balance. I wonder if we'll be able to commute on one of these things one day. Probably, we will be required to wear helmets and armors.

ちなみに日本でもフライボード選手権というイベントがあるようですが、こちらの機材はホース付きで、 高圧の水で押し上げられる仕組みのようです。これくらいならアクティビティとして、この時代なら不思議感はそうありません。しかし、何もつながっていないボードに二本足で立ったまま空を飛び回るこの術に、まだまだ現実感を伴わないわくわく感を味あわせてもらえました。v(^^*)

I found out that there is a Japan Flyboard Cup, but they use a device connected to a hose. The board gets pushed up by highly pressurized water. This kind of activity does look realistic in this modern age. However, a flying man, just standing on a board without a cord (or a hose), gives me a thrill of looking into an exciting future, d(-_☆) 

晴れのち雷、雨、梅雨入りしたそうな。

今日の小さな生き物4枚。Critters today, four frames.

梅雨と言えばかたつむりと紫陽花。

You can't have a rainy season without snails and hydrangeas.

f:id:minami-no-neko:20170531045945j:plain

このアングルもなかなか面白いかも。

This angle looks quite good too.

f:id:minami-no-neko:20170531045956j:plain

いなごもお出まし。Locusts are in season too.

f:id:minami-no-neko:20170531050132j:plain

この美しい羽を見せてくれたのはキオビゴマダラエダシャクだそうです。

This beautiful moth is identified as Biston panterinaria sychnospilas. 

判別の決めてになったありがたいサイトはこちら。

The website that helped me to find the name is:

キオビゴマダラエダシャク 

f:id:minami-no-neko:20170531094907j:plain

朝階段で見かけた時はそのままそっとしておきました。帰ってきたら

まだ同じところにいたので、ベランダの植木鉢に連れてきました。

もう動けないのかと思っていたら、しばらくしたら飛んで

いきました。めでたしめでたし。

I found this one on the stairs in the morning. When I came back from work,

it was still there at the same spot. I took it to my terrace and left it

on my pot plant. I thought it was on the last breath,

but it flew away after a while. All is well now.

小雨のち曇り

近所で会った鳥達の写真、5枚。

f:id:minami-no-neko:20170514082829j:plain

いつもの燕です。それにしても電線スパゲッティの見事なこと。これのおかげで燕のクローズアップが撮れるので文句は言えませんが、やはり怖いです。京都でも無電柱化が進められているそうですが、端っこのこちらの地域まで届くのはかなり先の話しになりそうです。

My friendly swallow, once more. On colorful suspended spaghetti power lines. These lines give me great chances of shooting swallows at close range, so I shouldn't complain. But they scare me. Kyoto is in the process of replacing power poles with subterranean systems, but it will be some time before it reaches this end of town.

 

f:id:minami-no-neko:20170520082526j:plain

飛ぶ鳥を撮る試み。小さなデジカメではスポーツ設定でもこれが精一杯のようです。

Trying to photograph flying birds. This looks like the limit of my little camera's sport setting.

 

雨上がりの河で昼食を楽しむ白鷺。チュウサギという種類のようです。コサギも時々見かけます。燕のように接近できないのが残念です。

A white egret, enjoying lunch in a river after rainfall. This one looks like an intermediate egret. I occasionally see a little egret too. These ones are a little harder to get close, not like my friend swallows.

f:id:minami-no-neko:20170525043344j:plain

f:id:minami-no-neko:20170525044555j:plain

f:id:minami-no-neko:20170525044657j:plain

 

 

ようやく土曜日

大河ロマンス三編。

 

風と共に去りぬ [DVD]

風と共に去りぬ [DVD]

 

まずはアメリカの南北戦争の時代のロマンス。長さにも関わらず一気に見てしまえる迫力はあります。でもやっぱり原作本には負ける……

 

Gone with the Wind

Gone with the Wind

 

 もう一回読みたくなってしまいました。

 

 

カサブランカ [Blu-ray]

カサブランカ [Blu-ray]

 

 第二次世界大戦時のロマンス。これは何もいうことはありません。名画に乾杯。

 

 

 あ、これ大戦前のできごとだったのね、と、今知りました。そういえば、大戦後はあんな感じで移民はしてなかったかも。こちらもなかなかの迫力。前作二作のように不朽の名作となるでしょうか。

 

 

 

ようやく金曜日

アルパチーノの映画二編

 

カリートの道 [Blu-ray]

カリートの道 [Blu-ray]

 

 

 

アルパチーノは大好きな俳優さんです。お年を召して、さらに渋い。でもやはりギャング映画は苦手だと思い知った「カリートの道」でした。感情移入しやすいたちですが、ギャング映画だけは無理。「夢の香り」では、中佐の傍若無人振りはすっかり許せて見てしまえるのに。盲目の退役軍人を演じきるアルパチーノは言わずもがな、悩める大学生を演じるクリス・オドネル君の名演技にも拍手。

外食してもう花金気分

数学者の伝記映画二編

 

ビューティフル・マインド [Blu-ray]

ビューティフル・マインド [Blu-ray]

 

 

 

 数奇な行動をとる人を横目に見るのはどこの国でも同じでしょうか。こういう方達のサポート体制を整えたら、もっと世の中よくなりそう、と、思ったのは見終わってしばらくしてからの感想です。映画中はそんなこと考える暇もなく、夢中で展開を追ってました。社交術をもたない天才が、最初は反発感しか抱かせなかった周囲の数人の敬意と友情を勝ち得ていく過程は、本当にほっとします。と、天才でもなく社交術も持たない猫のつぶやき。

連休がもう恋しい

ミュージシャンの映画二編。

 

 

ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド  [Blu-ray]

ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド [Blu-ray]

 

どちらもカリスマ性のあるスターのトップに立つミュージシャンでありました。はっきり言ってレゲーは苦手意識がありましたが、ボブ・マーリーのコンサートの様子を見て、ちょっと聞いてみようかなという気になりました。ボブの映画の方がインパクトがあるように感じたのは悲劇的なエンディングのせいでしょうか。