南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 図書館の本「New Toddler Taming: A parents’ guide to the first four years」(新:幼児の手なずけ方)

第一章:幼児(Chapter One: The Toddler)より抜粋(訳 南の猫)

Conclusion

結論

The toddler is that little person aged between 1 and 4 years who domonstrates some interesting behavioural traits. Young toddlerhood, between the ages of 1 to 2 1/2 years, is a time of flexing muscles and exhibiting minimal sense, while the pre-school toddler, aged between 2 1/2 to 4 years, is more verbal, social and focuses in their assault on parents.

幼児とは、一才から四才までの、興味深い行動傾向を示す小さな人間である。早い幼児期、一才から二才半までは力づくで無分別の時期である。就学前の幼児期、二才半から四才までは、もっと口達者、社交的で、攻撃は両親に集中する。

The trademarks of the toddler are:

  • more power than sense;
  • living for the moment; and
  • demanding centre stage position.

Philosophical, religious and philanthropic ideals are not conspicuous.

幼児の特徴とは:

  • 分別というより、力任せ
  • その時限り、そして
  • 自分がいつも主役

哲学的、宗教的、博愛的思考は芽もでていない。

Parents should know this is normal, use commonsense and cunning, not blame themselves, then go with the flow.
これが普通である事を両親は認識し、一般常識と知恵を駆使し、自分達を責めずに、臨機応変に対処していくべきである。

もう一つだけ楽しい表現を引用しますと、

they have all the activity of an international airport, but the control tower doesn't work.
東西奔走多忙きわまる活動中なるも、管制塔は機能していない国際空港

の状態だそうです(恐っ)。

つまりは、どんなにわがままでかんしゃく持ちに見える子供でも、裏を返せば自分の限界を感じながらも対処法がわからない迷える子羊である、と。そして、うちの子はこんなに大変じゃないなと安心させる事もこういった本の役目だったりして?