南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 "Futures in Biotech: 2"

老化を遅らせる遺伝子

Dr. Guarente started his work by studying aging in brewers yeast. In those experiments he identified a gene, called SIR2, that was responsible for dramatically extending the life span of yeast. It was soon found in other organisms such as round worms, fruit flies, and even mammals including humans for which there are 7 orthologs (or versions).

と、この老化現象を遅らせる遺伝子SIR2。ついでに、病気の進行まで遅らせ、あるいは、病気の予防にまでつながる場合もあるとのこと。しかし、この遺伝子を活性化させる条件というのが、低カロリーの食事制限。30%から40%減少、つまりほとんど飢餓状態です。食が足りない時は、寿命が伸びて、出産可能な年齢も伸びる。食糧難が終わるまでは子供を産まない。でも、子供が産めるように身体を準備しておく。と、いった感じだそうで。
 
 だからと言って、いきなり食事制限をしてはいけません。あくまで、まだ実験状態です。この超低カロリー食事制限しなくても、この遺伝子活性化を促せることのできる薬剤を研究中です。その間、我ら一般市民にできることは、適食適運動、摂取するオイルは良質のもの(オリーブオイルがお勧めとか)と、この研究している博士もおっしゃってます。そうして、しのいでいれば、10年後ぐらいにはこの薬が開発できると思うぞ、と、とても希望的。インタビュー者の一人が、私は今50代ですが、遅すぎますか、との質問に、歳をとっていても何らかの効果はあるはず、との、お答え。
"There is still hope for me."

ですよ、みなさま。

もとを聞きたい方は、こちらよりMP3ファイルをダウンロードできます。

"Futures in Biotech 2: Dr. Leonard P. Guarente on Aging"