南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 ナサの子供用教育番組 その一

短いポッドキャストです。ビデオつきでとっても優しい解説。いつもながら、ナサの広報はすごすぎます。

Ask An Astronomer!

天文学者に聞いてみよう)



Why doesn't the Moon fall down?

(どうして月はおちてこないの?)

Actually, the Moon is always falling toward the Earth. But it's moving so fast that it will never hit.
実は、月はいつも地球に向かって落ちてきています。でも、とても早く動いているので墜落はしません。

When we throw an object, like this tennis ball, gravity pulls it down towards the centre of the Earth. Even the fastest moving tennis ball will eventually hit the ground. But as objects get further away, and start moving faster, things change.
このテニスボールのように、物が投げられると、重力で地球の中心にむかってひっぱられます。テニスボールはどれだけ速く投げられようとも、いつかは地上に墜落します。でも、物の位置が遠くなり、速度が速くなると、事態は変化します。

The Moon is so far away and moves so fast that down is never in the same direction. Even though, it's constantly falling, the Moon never hits the Earth. Instead, it falls around the Earth, in a continuous circular path.
月はとても遠く、とても速く動いているので、ひっぱられる方向がいつも違ってきます。いつも落下しているにも関わらず、地球に墜落することはありません。そのかわり、地球のまわりを、円を描いて落下し続けます。

If the Moon were moving a lot faster, it would escape Earth's gravity and fly off into space. If the Moon were moving more slowly, the gravity would pull it down to the Earth.
もし月がもっと速く動いていたら、地球の重力圏を脱して宇宙にとんでいってしまいます。もし月が少し遅く動いていたら、地球の重力にひきずり落とされます。

This delicate balance of speed and gravity creates what we call an orbit where a smaller body circles around a larger one continuously. The Moon orbits around the Earth this way. Just as Earth and other planets orbit around the Sun. Most man-made satellites orbit the Earth. However, some are launched beyond the Earth's gravity so that they orbit the Sun instead.
この速度と重力の微妙な均衡状態が、小さな天体が大きな天体を円をかいて回り続ける軌道と呼ばれるものを生じさせます。月はこうして地球のまわりを軌道に乗って回っています。地球と他の惑星が太陽のまわりを回っているように。人工衛星はほとんどが地球のまわりを回っています。でも、地球の重力圏を脱して太陽をまわりを回っているものもいくつかあります。

For "Ask An Astronomer", I'm Doris Daou of the SIRTF Science Centre
天文学者に聞いてみよう」宇宙赤外線観測科学センターのドリス・ダオがお送りしました

おこさまようの優しい記事なのだけど、日本語がちぐはぐですみません、m(_ _)m。