南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

 山勘か、知能犯か

友人がメールで小話を送ってくれました。お題は「要注意」。

妻:  もし私が死んだら、あなたはどうする?再婚する?
夫:  もちろんしないさ!
妻:  どうして?結婚して楽しくないの?
夫:  もちろん、楽しいさ。
妻:  じゃ、どうして再婚しないの?
夫:  わかったよ。再婚するさ。
妻:  するの?(傷ついた表情で)
夫:  (聞こえるようにうめく)
妻:  この家に住むの?
夫:  そうだな、いい家だし。
妻:  わたしたちのベッドで寝るの?
夫:  他にどこで寝るんだ?
妻:  わたしの車を使わせるの?
夫:  そうだな、新車に近いし。
妻:  わたしの写真を彼女のと入れ替える?
夫:  それが常識というものだろう?
妻:  私のゴルフクラブを使わせる?
夫:  いや、左利きだから……
妻:  し〜ん……
夫:  F**k

思わず笑ってしまった。

原文はこちら、↓(出所不明)

"Pay attention."

WIFE: What would you do if I died? Would you get married again?

HUSBAND: Definitely not!

WIFE: Why not - don't you like being married?

HUSBAND: Of course I do.

WIFE: Then why wouldn't you remarry?

HUSBAND: Okay, I'd get married again.

WIFE: You would? (with a hurt look on her face).

HUSBAND: (makes audible groan).

WIFE: Would you live in our house?

HUSBAND: Sure, it's a great house.

WIFE: Would you sleep with her in our bed?

HUSBAND: Where else would we sleep?

WIFE: Would you let her drive my car?

HUSBAND: Probably, it is almost new.

WIFE: Would you replace my pictures with hers?

HUSBAND: That would seem like the proper thing to do.

WIFE: Would she use my golf clubs?

HUSBAND: No, she's left-handed.

WIFE: -- silence - -


HUSBAND: F**k


さて、別居の際、ゴルフクラブは妻のものとして、家、ベッド、車、写真立てはどちらがとるのでしょう?