南の猫の里帰り雑記

29年ぶりに帰国して3年日本にいたけどNZに里帰り

JakII 「ジャックXダクスター 2」(其の四 マールの墓、前編)

オニンおばあちゃんから、最後の紋章のかけらをもらったジャック君。これで、紋章(まがだま二個が、円盤に載っている)完成。さあ、寺院へ。暗い灰色基調の町中と対照的に、緑豊か、清水流れる、寺院周辺。初代ジャックの海岸村を彷彿とさせる、一番好きなロケです。レールをジェットボードでわたる所で、墜落数回(あかんわ、いつまでたっても上達せん)。ここでも、巨人跳躍を企みましたが、無駄なあがき。特典無関係、たよりは実力のみのミッションが、まだ、結構あります。

ま、とにかく、お墓の入り口が開いて、めでたく、ジャック君侵入。ここまで来ちゃうと、ジャック君とK君の関係など筋書きが読めて来てしまいます(実は犬のあたりでもう見え始める)。が、ゲームにそんなに凝った話を求めるのは、無理。逆にここまで楽しめるのが、優れものということで。


お墓の水潜りは無敵が有効、電気をものともせずに突き進みます。最初のドアあけ虫選びも、ダークジャックの地割れ攻撃でエキストラ虫全滅。簡単。


もう一つの入り口、最初の大車輪は結構楽でした。地下に潜ると、ダクスター初のソロミッション。ここで大発見。ダクスターも無敵。一周目はひたすら走る(蹴りができるのに気がつかなかったせいもあるけど)だけだったけど、今回は、石にひかれようが、蜘蛛に押しつぶされようが、平気。のんびり、いけるな、と、思ったら甘かった。大蜘蛛に追い越され、その後、よいこらせと下からはい出すと、蜘蛛は追跡をあきらめます。その場で、ぐったりとうずくまる大蜘蛛を残して、マイペースで溝を飛び越し、トランポリンで最上階へ到着。ミッション完了。の、はずが、画面凍結。結局リセット。蜘蛛が追いかけてくれないと(石も同じ)、次に進めません。と、言う事で、ここも、小蜘蛛に噛まれても死なないのはいいけれど、結構真剣に走らないと、クリアできないミッションでした。